私の指に起こった悲劇 24

 私の指に起こった悲劇 24

前回、手術開始から30分経ち、騒ぎ続けた私はついにドット疲れが…看護師さんからハーゲンダッツたくさん食べていいよと言われ、温かい気持ちに…

前回のお話

次のお話

命名

あとがき

先生は、あとは縫合するだけで、もうこれでおわるよ〜と言いました。
流れているのは嵐のA・RA・SHI

私が「曲もフィナーレですね」と言うと、
先生は「まるで嵐のような手術だったね★」と言いました。
\自覚ありまくり/
漫画で描ききれなかったけれど、散々怖い怖いと騒ぎ、痛い痛いと騒ぎ、緊張のあまり過呼吸気味になり、それでも喋り続け、自分でも嵐のような手術だったと思いました😂

という心の声を隠しながら、
「いやだ私ずっとおとなしかったのにぃ〜」
と言いました。
このころには、先生との会話は完全に漫才になっていました🤣🤣🤣

そして先生は添え木の準備を始めました。
しばらくの間、指を曲げないようにするためのものです。
ずっと身につけるため、「これはいなさんの友達だよ」と言われました。
名付けをお願いすると
百鬼丸と言われました。

百鬼丸とは、手塚治虫の作品の「どろろ」に出てくる、腕が剣になっている少年です。
知ってますか?

私は百鬼丸という名前が気に入りました。

★コメント是非お待ちしています!(下にフォームがあります✨)

ぜひ以下のおすすめ記事も読んでみてください💕

  【続きを読む】第25話はこちら

【第25話】私の指に起こった悲劇

【やっちまった】就活の面接で、寝坊した私のとんでもない体験↓

【第1話】面接で遅刻した話

【おすすめ】カーペット・ラグ難民の皆様へ!最適解を見つけました↓

洗える!ずれない!タイルカーペット紹介

【恐怖体験】優しいお爺さん。でもとんでもない事件が起きました↓

【第1話】優しそうなお爺さんが怖かった話
最新情報をチェックしよう!

私の指に起こった悲劇の最新記事8件

>稲さんブログ

稲さんブログ

CTR IMG