第3話 手術中に目覚めたはなし3

手術中に目覚めたはなし3

今回はいよいよ腹をくくります。

先生お願いします!

補足

先生の「自分の娘だったら」という言葉で私は腹をくくりました。

それまでは、手術したほうがいいのはわかるけど、今痛いわけじゃないし~と自分に言い訳をしていました。

手術は腹腔鏡ということでしたが、場合によっては開腹に切り替える可能性があるともいわれました。

例えば、術中におなかにカメラを入れてるんですが、そのカメラに血液が付着して続行が不可能になる場合や、卵巣と膿腫の癒着が強く、これ以上できない…と判断されたとき、などだと説明されました。

あとがき

手術の器材などは、すべて私のイメージ図なので、医療関係者の方はすみません…。

あと高額医療制度があれば、医療保険は必要ないのではないか、と思うくらい日本は充実していることに気づかされました。

【続きを読む】第4話はこちら↓

【第4話】手術中に目覚めた話

【最初から読む】第1話はこちら↓

【第1話】手術中に目覚めた話①

【恐怖体験】優しいお爺さん。でもとんでもない事件が起きました↓

【第1話】優しそうなお爺さんが怖かった話

最新情報をチェックしよう!

手術中に目覚めた話の最新記事8件

>稲さんブログ

稲さんブログ

CTR IMG